借金苦 解決

MENU

借金苦は放置しておいても解決しない|今すべき3つのこと

生活をしていくうえで、収入と支出のバランスを考えてお金を使うことは大事ですが、現実問題として、収入よりも支出のほうが多くなってしまってどうすることもできなくなり、借金苦で大変なことになる場合があります。

 

そのような方は、借りたところから借金返済を催促する電話がかかってきたり、手紙が郵送されてきたりすることがありますが、場合によっては勤務先にまで電話がかかってきたりして、非常に嫌な思いをされる方がいるのも確かです。

 

借金をほったらかしにしておくと、延滞金を取られるばかりではなく、利息がどんどん膨らんでしまい、しまいには返済することが不可能になってしまうという状況におちいってしまいます。

 

借金苦を避けるためにも、まず3つのことをしなければなりません。

 

借金苦を解決するために行う3つのこと

1つ目は、借金苦を解決するために、弁護士に相談するということです。

弁護士に相談
弁護士は無料相談なども行っているので、まずは少しだけ勇気をだして相談してみましょう。

 

2つ目は、弁護士を通じて債務整理の手続きをするということです。

債務整理の手続き
これは、弁護士が仲介して、自分自身がお金を借りた場所に対して、債務手続きをする旨の通知を出しますので、今後、借金取りが直接電話してくることはありませんので、家族や勤務先に知られてしまうという心配もありません。

 

そして弁護士は、借金苦の解決に動いてくれますので、借りた本人は特になにもしなくても良いとさえ言えます。逆に、何もしないほうが解決への近道になるでしょう。たとえば借金をした場所へ、自分から連絡をするというようなことは絶対にしてはいけません。すべて弁護士の方に任せるようにしたほうが無難です。

 

3つ目は、債務整理後に支出と収入のバランスを見直すということです。

この見直しをおこなわないと、また同じことを繰り返してしまうことにもなりかねませんので、自分でできることとして、家計簿をつけるようにするというのもひとつの方法です。

 

家計簿で収支のバランス

 

自分でお金の管理をすることができない場合は、ファイナンシャル・プランナーに相談するという手段もあります。ファイナンシャルプランナーは、毎月の収入と支出のバランスを考えて、ひと月にいくらまでお金を使うことができるのかということを提示してくれますので、浪費するのを避けることができます。

 

自分ひとりでお金の計画を立てられないという方は、このようなサービスを利用してみると良いでしょう。ただし、サービスと言っても、無料相談ではないところでは費用がかかりますので注意が必要です。